2011年7月18日月曜日

インストダンスフロアトリオ Rizzoknor

ナデシコジャパン、勝ちましたね。感動的な勝利でした。ナデシコの皆の笑顔が本当に素敵だった。私はチューリヒのバーで観戦。私が日本人だと分ると「おめでとう」と声をかけてくれる人がたくさんいました。

このナデシコジャパンの記念勝利の一日前、7月16日(土)、Tim & Puma Mimi は チューリヒのクラブEXILの二周年記念イベントに参加しました。対バンはRizzoknor。ギターのDominique Rizzo、ベース、エレクトロニクス担当のDaniel RizzoというRizzo兄弟とドラマーKnorのトリオなのでこのバンド名。Knorは Tim & Puma Mimiの新ドラマーでもあります。

16日は、T&PM、Rizzoknorそれぞれのライブのあと、二つのバンドのジョイントセッションもあって、大盛り上り。ジョイントセッションが始まったのは17日午前3時半。演奏が終わると外はもう夜が明けていた。。。づーがーれーたー。けど、朝まで残ってくれたパーティー野郎と共に、気持ちよく燃え尽きたライブでした。


Tim & Puma Mimi x Rizzoknor @ EXIL 16.07.2011
DJ風なインプロセッションで、途中でステージ下りたり、お客さんと話したりしながら一時間半ぐらいやりました。私はモチロン、お立ち台の上に立ってます。

さて、私達の兄貴分バンドRizzoknor、身内びいきじゃないけど、熱いですよ。インストのエレクトロロックでダンスフロアを盛り上げます。1時間のセッションをほぼノンストップで演奏し続け、ストイックなメロディーラインのループからインプロなどで少しずつ盛り上げていって最後は心臓にドカーンとくる。ノンストップでバンドも汗だくなら、聴いて踊ってる側も汗だく。クセになる音です。



こっちはフル演奏の音源。ライブ版じゃないので、ドカンはないけど、聴いてるとお仕事はかどりマス。
Wednesday night by rizzo-1

0 件のコメント:

コメントを投稿