2011年9月15日木曜日

Evelinn Trouble:激しいニューアルバム

先日9月14日は、スイスのロック嬢エヴリン・トラブル (Evelinn Trouble) のニューアルバム "Television Religion" のリリースパーティーでした。

平日なのに会場は満員。音楽関係者も多く、注目度の高いエヴリン嬢。以前、私が主催した東北震災チャリティーイベント「Ganbare Japan」にも参加してくれました。

サポートアクトはエヴリンとも交友が深く、以前このブログでも紹介したことのあるシブいアカペラコーラスバンド Cock to Cock。相変わらずかっけー声だ。サポートアクトから盛り上がります。

そしてエヴリン。ニューアルバムの話は以前から聞いていて「かなり激しいよ」と本人が言ってましたが、うん、激しい。静かなんだけど激しいんです。オーソドックスなロックのリズムで始まり、エヴリンの厚いけど透通ってる声がループで重なり、さらに力強いメインボーカル、攻撃的なギターで、どんどん、どんどん、太くノイジーにカオティックになっていく。普段のライブで爆音に慣れている私でも、耳がきーんとする。でも、耳栓したらもったいない。一筋縄ではいかない反抗的なエヴリンの刺激的な音が鼓膜を打ち鳴らした夜でした。

Television Religion, 16/09/2011, Chop Records

0 件のコメント:

コメントを投稿