2011年9月21日水曜日

パリのエイリアンポップGachette of the Mastiff

お元気ですか。プーマミミです。予想通りではあるけれど、最初は気合い入れてアップしていたブログもだんだん投稿回数が減ってきました。。。ね。でも最初に私、書きました。「あんまり気合い入れないでぼちぼちやります」って。だからぼちぼち書きます。

Tim & Puma Mimiは頑張ってますよー。来年春のニューアルバムリリースに向け、曲をファイナライズしたり、さらに新しい曲を作ろうともくろんだりしています。

私達がワクワクイライラしながらアルバム制作活動をこつこつ続けている中、パリのオシャレに気の抜けた8ビッドエレクトロユニットGachette of the Mastiffから新しいEPが届きました。

Ghachette of the Mastiffは、Dominiqe と Gaetanの男女ユニット。自称「地球に住むエイリアンポップバンド」。不思議なウィットにとんだ二人です。ずいぶん前にNyonという街のフェスに参加した時に対バンしました。その後、リミックスをやってもらったり、私のイベントに参加してもらったりしてます。ライブでは着実なファンを持つ彼らですが、なんと、初の音源リリース。ちょっと意外。

そんなマイペースな宇宙ガジェットの音は壊れそうで壊れない中毒系のサウンドです。

個人的には一曲目「Running all in vain」でヤラレターと思いました。けだるい打ち込みリズムに、引っ掻いたようなエレクトロノイズと、ちょっと詰まったような声、なのにキャッチー。楽しい。かっこいい。しかも、隠しネタが仕込まれてるらしい。とあるサイトのインタビューによると、この曲、逆回転させて聞くと(どうやって逆回転させるの?)、チーズアレルギーの Gaetan が気前よくチーズ料理のレシピをつぶやいているそうです。やっぱ、エイリアンポップだ。

このEP「Gachette of the Mastiff」(2011/Leonizer Records) は日本のiTunesでも買えるので、気に入ったらぜひ。そして、Running All in Vainを逆回転した人は教えてください。

Gachette of the Mastiff - Ep on Leonizer Records by gachette of the mastiff

0 件のコメント:

コメントを投稿