2011年9月23日金曜日

Yesterday I was an Artwork

It's Tim. I write again a guest blog. We got an invitation to play at Museum Helmhaus (Contemporary art from Zurich) on 3 September (Sat.) for the Long Night of the Museums. I knew that this Museum has acousticly difficult rooms, reverbs as in a church, so we decided to do 3 different sets, also to fill the night  with action.
ティムです。またまたゲストブログ書きます。ヘルムハウス美術館(チューリヒのコンテンポラリーアートを展示)から、9月3日(土)ミュージアムナイトで演奏しないかというオファーがきた。が、なにせ、この美術館は音響がくせ者。教会みたいなリバーブがかかる。なのでアクションで音をカバーする3セットで夜を盛り上げようという企画にしました。
【プーマミミ注:このイベントは三週間前だったのですが、やっと写真とかのマテリアルと「書く気」が揃いました。】

In my oppinion the Helmhaus exhibitions are allways a bit too well behaved, a bit more chaotic would do good i thought and created that flyer.
僕が思うに、ヘルムハウスの展示作品はいつも「良い子」すぎる。もうすこしガチャガチャな方が面白いと思って、まず、このフライヤーをつくりました。


The set up was crazy, the big hall was allready filled with some strange artworks hanging and standing around, the sound-company just put some boxes and speakers in the room and we had to set up our instruments, still some visitors walked around and watched the artworks.
セッティングからクレイジーでした。演奏をする大きなホールは通常の展示室。アート作品が壁にかかっていたり床に転がってたりするのをお客さんが眺めている最中、さらに音響会社が箱やスピーカーを並べる作業の隙間をくぐり抜けての、僕らの楽器をセットアップ。


everyone is working, even mimi makes soap-bubbles.
みんな仕事中。ミミはシャボン玉。

First set was planed to be quiet, ambient style to fit in the reverb situation. In the promotion-text I used the word: Soundsculpture, I still don't know, what I think about that. But this set became a nice direction: We decided to play it infront of a certain artwork, made by the collective U5. A friend of mine (Kid Schurke) did some sounddesign for them, so I got their adress and asked them, if they want to decorate and make up us, as we stand infront of their artwork. They replied kindly, yes, that would be interesting, they have everything ready at their atelier. So we got dressed up with crazy but also heavy masks. Here a little video
始めのセット。部屋のリバーブに合わせて静かなアンビエント的なものを考えていました。プロモ文には「サウンドスカルプチャー」と書いたけど、自分でもどんなものかよくわかってなかったり。でも、最終的にはすごく面白くなりました。U5というアート集団の作品の前で演奏することになり、ちょうど僕の友達Kid SchrkeがU5のサウンドデザインをやったりしていたので、連絡先を聞いて、僕らにもデコレーションを施してくれるかどうか聞いてみました。U5は、色んなのがアトリエにあるよ、と親切な返事をくれました。それで、めちゃめちゃ重くてクレイジーなマスクをかぶることに。
【プーマミミ注:重がったっす。しかも他の人のサイズでつくってあるので、大きすぎるから中に帽子を二枚重ねています。蒸れる蒸れる。それでも重みでずれてくるから、マスクに太い紐がついていて、それを襷のように両肩にまわして固定します。U5はカラフルなプラスチックなものをアクリル樹脂で固めるポップにちょっと怖い(プリミティブな感じ)スカルプチャーを作る人達です。


For the 2nd Set we asked Kati Rickenbach to join and paint live to our music. We did this half a year ago and I thought that would fit into a museum, the audience can see live how a drawing develops and a story starts. On the other hand it s also a good way to translate the japanese songtexts to an understandable form.
二つ目のセットはマンガ家のカティ・リッケンバッハにライブドローイングをお願い。カティとは半年前にも一緒にライブをやっていたので、きっとミュージアムの雰囲気に合うだろうな、と。お客さんはドローイングのプロセスが見れるし、日本語の歌詞をビジュアルで翻訳できるから一石二鳥。


Last set we did a "normal" live set. the camera was filming mimi s face in night shot mode. the battery of my filmcamera was empty, so i don't have videos of that set. but here is a photo at least.
最後は「普通」のライブ。カメラをナイトショットモードにして、ミミの顔をうつしています。僕のカメラのバッテリーが切れてしまったので、このセットの動画は無し。まあ、写真はなんとかあった。



After those three hot and sweating sets we even did another step into the artworld: we slept in an artpiece outside of the museum. It's called Volksdenkmal and made by Michael Meier & Christoph Franz.
以上の三セット。暑くてめちゃめちゃ汗かいた。でも、まだアートワルードでやるべきことがあったんです。そう、この夜はヘルムハウスの外にあるアート作品の中で寝ました。Michael Meier と Christoph Franzの二人の「Volksdenkmal」(国家記念碑)という作品。

In the socle there was a double mattress, we got the key and could sleep in the artpiece. it was a bit loud, especially in the morning with all these churchbells, but nice to wake up in the heart of zurich.
台の側面が開くようになっていて中にマットレスが敷いてある。ヘルムハウスで鍵をもらって、アートの中で就寝。うーん、ちょっとうるさかった。特に朝の教会(複数)の鐘の音が。でも、チューリヒの街の中心で目を覚ますのはいい気分。
【プーマミミ注:いやー、アート頭にかぶったり、アート作品の中で寝るなんて、またもや音楽にはすごいところに連れていってもらいました。でも、トイレなんかなくて、公衆トイレもかなり遠かったので、寝る前に美術館で念入りにトイレにいってから床につきました。それにしても死んだような寝顔さらしてすみません。】



1 件のコメント:

  1. おもしろいねえ!
    音楽は確かに、いろんなところへ連れて行ってくれるね。
    アートで寝起きの写真、最高です。

    返信削除