2011年12月30日金曜日

LO FAT ORCHESTRAで脂肪燃焼

今年もあと3日。早いですね。チューリヒは例年に比べ暖かく、雪が降りそうで降らない、煮え切らないビミョウな寒さが続いています。

さて、今日は久しぶりのスイスバンドネタ。二週間前におなじみ、チューリヒの月曜名物BoschbarでLO FAT ORCHESTRAのゴキゲンライブを見てきました。

LO FAT ORCHESTRAはスイス、シャフハウゼン出身の、ガレージ、ニューウェーブ、パンクなノイズサウンドを奏でる、ベース、オルガン、ドラムのトリオバンドです。ライブは、速くてノイジー。だけど、オルガンのちょっと甘切ない音と、トリオというシンプルなバンド構成で、すっきりしている。ビートルズのリンゴスターを彷彿とさせる不思議ちゃんキャラのドラマーが時々椅子からぴょんと跳ねたり、キーボードが倒れるんじゃないかと思うぐらい左右にわさわさ揺れてたり、ベースが八の字に泳いでいたりする「ライブ感」がたまりません。


来年(もうすぐだね)2月にニューアルバム「The Second Word Is Love」をリリースするらしいのですが、もうすでに物販で販売してました。最前列で楽しく飛び跳ね、ローファットの音楽で脂肪燃焼した私も一枚ゲットしたよ。アルバムはノイズ少なめ、スピード抑えめだけど、その分ミニマルで泣きの効いたローファットサウンドが楽しめます。よいです。

Label: SOUNDS OF SUBTERRANIA (Hamburg, Germany)

0 件のコメント:

コメントを投稿