2012年4月7日土曜日

ポスターバンザイ

しつこいようですが、何度でも言います。ニューアルバム「The Stone Collection of Tim & Puma Mimi」が5月11日にリリースです。で、リリースのあとは、ライブだ!ってなわけで、石ツアーのポスター、作りました。デザイナーは、CDのジャケットをやってくれた、チューリッヒ在住日本人のリオさん。仕事早くって、出来上がりはかっこ良くって、ティムプー頭があがりません。

色んな場所でライブするので、その都度会場名を書き込こんで使い回しできるよう、黄色の吹き出し部分はあえて空白にしてあります。


で、記念すべき一本目、レコ発ライブの会場「EXIL」の詳細のステンシルを作って、スプレーしました。リオさんのかっこいいデザインを壊してしまわないように試行錯誤でフォントを決め、スプレー始め!と思ったら、外は雨。スプレーは相当におうので部屋の中での作業は苦しい。で、思い出したのが、アパートの屋根裏。物置になっていて、あんまり使っている人がいないので、大きなスペースがあるのです。窓があるから換気もできる。こんな感じで作業です。薄暗い屋根裏でスプレー。別に悪いことしてる訳じゃないけど、ワルな気分。ティム、わざとフードかぶって、ストリートアーチスト気取り。50枚ほどスプレー、えっさ、ほいさ。


下が完成形。写真だとよく見えないかもしれないけど、上のフォントや、ティムの頭あたりにもワザと金色の「汚し」スプレーしてます。スプレーは均一ではないので、これで、一枚一枚ポスターに表情の変化がでて、ティムプーらしくなりました。面倒な作業だけど、こういうところ、大事っす。準備は万端。あとは、いい演奏するのみだ。


2012年4月5日木曜日

Gurten Festival でるよ

こんにちは、プーマミミです。ニューアルバム「The Stone Collection of Tim & Puma Mimi」は無事入稿。ポスターも入稿。あとは、ポストカードをやったら、来週から三週間ほどニューヨーク!ライブやったり、友達にあったり、ビデオ撮影があるかもしれなかったり、曲作ったり、半シゴト、半ホリデーのビッグアップル、楽しみだ。

そして、夏のワクワク情報。
スイス、ベルンのグルテンフェスティバル(Gurten Festival)に出演します。最近オフィシャルプログラムが発表になりました。7月12日から15日、4日間のフェスで、我らTim & Pumaは7月14日の午前2時、パーティータイムの演奏です。 日本からギタリスト高永俊幸さんも駆けつけてくれることになっていて、胸躍ります。

下はグルテンフェスのHPに載った、ティムプーのプレスフォト最新作。

Tim & Puma Mimi (3) by Brigitte Fässler 2012
Photo by Brigitte Fässler

Gurten Festivalは大型フェスで、メインアクトにはノエル・ギャラガーやゴリラズサウンドシステム、ノラ・ジョーンズ、The Rootsなんかが名を連ねています。

スイスのバンドもかっこいいのがいっぱい。中でも楽しみなのは、

Knackeboul
今スイスで注目のビートボクサー・ラッパー。テレビの司会などもつとめる人気者。ドイツでジャミロクワイのサポートをつとめ、メインよりも盛り上がったという実力者。ライブは、パワフルで、賢く、お笑いのセンス抜群。お客をからめたインプロライミングで大盛り上り。踊れるラップ。曲はポップ。ライブはロック。あ、私達のニューアルバムの中で一曲、彼がビートボックスしてくれました。


Copy & Paste
フェスの地元、ベルンのエレクトロポップ男女ユニット。ティムプーとなんとなく通じ合っていて親近感があるバンド。ティムプーよりもっとピコピコでガンガン。楽しく、熱いふたり。


Bonaparte
スイス人がメインヴォーカルをとるベルリンのバンド。スイス、ドイツでかなり人気。Fluffy punk(ふわふわパンク)と本人達が呼ぶ音楽は、ミニマルでちょっとレトロなタテノリ。ナポレオンfeat.怪獣的なコスプレをしたメンバーと沢山の踊り子達がステージで暴れるサーカスパフォーマンスがとにかくすごいらしい、キワモノ系。でも曲はキャッチー。ヒットソング「Too Much」は歌詞の内容が良くって、すぐ口ずさめるようになります。