2012年9月7日金曜日

ティムプー秋のもろもろ

こんにちは。昨日は夏の思い出を書きましたが、今日は秋のもろもろをご紹介。

9月10日から30日まで3週間、中国ツアー。北京と上海へいってきます。 これね、バンドのツアーというよりは、IOIC (Institute of Incoherent Cinamatography) という古い無声映画にライブミュージックをつけて上映する、というイベントを企画している団体のツアーに便乗するのです。映画を事前にみながらある程度音楽の構成を考えておいて、あとは舞台で、インプロ演奏をする感じのパフォーマンス。ティムプーの他にもチューリヒからミュージシャン5組が参加します。



私たちが担当する映画は短編も含め8本。そのうち4本はフランス人、ジョルジュ・メリエスの作品です。物語性のある映画をつくった最初の人、特殊効果撮影の生みの親、といわれています。1900年頃作られた作品は、今みてもシュールでシニカルで楽しいです。





マーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」という映画はこのメリエスが題材の映画です。映画自体はちょっと残念とおもったりしたのですが、メリエスが当時建てたガラスの温室のような撮影スタジオとか、撮影風景とかは、かなり忠実に再現してあるらしく、興味深いです。

10月20日はイギリス、ウェールズにて、Swn Festivalというフェス。知り合いがやっているPeski Recordsがショーケースをもうけるので、そこに入れてもらいました。Peskiは小さいレーベルだけど、アーティストのラインナップが素敵。今、この他にもロンドンやマンチェスターなど他の町でライブできないか打診中。

そして、ニューアルバム、The Stone Collection of Tim & Puma Mimi (試聴はウェブサイトでどーぞー)。日本にも輸入されてるはずなんですが、日本の皆さんいかがです?

CDを持ってる方、もう聞いたという方は、ライナーノーツをご用意しました。そのむかし、ライナーノーツというのはCDやレコードジャケットの背面に印刷されてるものでしたが、mp3が市場を独占する今日この頃、そんな印刷のスペースはなく、そんなわけで、ライナーノーツもmp3にすべし、とお家で録音しました。英語ですが、よかったら聞いてみてください。

あんまりメディアに掲載されないジャケットの背面。
ティムが時々さりげなくアピールしてます。

あ、そうそう、忘れちゃいけない、私たちのニュービデオクリップ二本紹介します。(夏にリリースしたんだけど、「思い出」編には長過ぎて入れられなかった)。

OHAYO BABY
制作はチューリヒの若手アート集団U5。カラフルなネオンカラーのビーズやジャンクをアクリル樹脂でべたべたくっつけて、ポップでちょっとグロいスカルプチャーやマスクを作る人たちです。この曲はもともと、親友に赤ちゃんが生まれたとき(彼女の猫と赤ちゃんのブログ「猫が来た!」、面白いです)にプレゼントした曲なので、とってもストレートに子供っぽい歌詞なのですが、そこからティムはクラブ調なダンスビートを生み出し、U5はさらにディープな解釈をしています。こうやって作品が成長していくのも面白い。



High 5 Low 5
ニューヨーク在住スイス人の映像作家ステファン・クヌーセルさんが監督をしてくれました。以前にちょっと彼のお手伝いをしたので、そのかわり、NYに行ったときは簡単なクリップとってよ、とお願いしていました。私たちとしては、簡単なホームビデオ感覚のものを思っていたんだけれども、行ってみたら、ばっちりストーリーボードが用意され、撮影場所の下調べも入念に、撮影当日はプロデューサー、助監督、スタイリスト、メークというスタッフが揃い、カメラを引いて移動させるトローリなど、本格的な撮影が待っていました。NY、ブルックリンとコニーアイランドで撮影。私、腹出し衣装だけど、撮影日は10度以下で風がびゅーびゅー、めっちゃ寒い中、ほぼ一日外で撮影だったのです。根性とかあんまり好きじゃないけど、久しぶりに根性だしました。さぶがったーーー。



では中国、行ってきまーす。

0 件のコメント:

コメントを投稿